ブログ

2/23~3/17【Green Market-植物と暮らそう】おすすめ植物紹介

こんにちは!徳島、家具・雑貨販売のIEGです。

好評開催中の【Green Market】ですが
沢山の方にご来店いただき、続々と売約がついたり、
お客様のお家をグリーンで彩ってくれてます!
本日は、まだまだ店内にある、おすすめの観葉植物をご紹介したいと思います。

▼IEGおすすめ観葉植物

【トキワシノブ/¥8,800+税】



まるで動物のようにふさふさした毛に覆われたトキワシノブ。
その独特な姿形で一気にインテリアプランツとしての人気を広めました。
愛好家も多いシダ植物で気温の変化に強いので育てやすい植物です。
IEGに来てからもグングン成長しているので、どんな姿になっていくのか
とても楽しみな植物です!

高湿や耐陰性に優れており、強い直射日光に当ててしまうと葉焼けを起こすので
遮光してあげましょう。
とは言え日光は好きなので極端に暗いところは葉の色も悪くなってしまいます。
日光を好むので、1年を通して日の良く当たる場所に置きましょう。

トキワシノブは水を好むので、鉢で育てる場合は土が乾いたら水をたっぷり
与えてください。
葉水は頻繁に霧吹きなどで全体にかけてあげましょう。
害虫予防や葉色を綺麗にするためにも効果があります。

【アスプレニウム/¥15,000+税】



直射日光を避けた場所に置きましょう。 日が強くあたると、葉焼けを起こします。
春から秋にかけては室内の明るい日陰(遮光カーテンの傍など)や、数時間だけ日が
あたる場所に置きます。
屋外に置く場合も、直射日光を避けた明るい日陰を選びましょう。
冬は室内の明るい日陰に置いてください。 冬は日射しが柔らかいため、夏よりも日に
あてる時間を少しだけ延ばしましょう。
ただし、葉の日焼け(茶色に変色)を確認できたら、日にあてる時間を短くしてください。

春から秋にかけては、土の表面が乾いたら水やりを行いましょう。
冬は乾いた状態を2、3日続けてから水を与えます。気温が低く、植物は生長を止めています。
そのため、たくさんの水分を必要としません。 与えすぎると根腐れを起こす危険があるので、
冬の水やりは「頻度と量」を調整しましょう。
葉には一年を通して水を与えます。霧吹きでこまめに水をかけてあげましょう。

【ポニーテール/¥7,200+税】



名前のとおりとっても可愛い姿のポニーテール!
見た目のインパクトもあり、何よりお手入れが簡単なのでオススメです。
日当たりの良いところが大好きです。
通年室内において風通しがよく日当たりの良い場所が好ましいです。
あまり陽の当たらない暗い場所で育てると、葉が変色したり葉のボリュームが少なくなります。
また、「鉢回し」と言って、定期的に鉢の向きを変え、全体に均等に光が当たるようにすると、
よりまっすぐ綺麗に育ちます。

春から夏は成長期のため、基本は土の表面がまんべんなく乾いたら、たっぷりと下から水が
出てくるまであげます。秋から冬はお水は控えめにあげてください。
お水をあげたあと、鉢下から出てきて受け皿やカバーに溜まった水は捨ててください。
春や夏の暖かい時は、霧吹きで葉水をすると病気の予防にもなります。

【アイビー/¥1,200+税】




いろんな形、姿のアイビーが揃っています。
アイビー(ヘデラ)はウコギ科キヅタ属に分類されるツル性植物です。
葉の模様が様々あり、白い斑が入っているものやグレーやライトグリーンなど
のマーブル模様の葉などがあります。
性質も非常に強健で屋外で難なく越冬することができます。
そのためグランドカバープランツとして使用されることもあります。
また、地面に植えたアイビーが家屋の壁に活着し、外壁を覆いつくしてしまう
こともあります。水耕栽培でも育てることが出来るため、いろいろな模様の
アイビーを少量ずつビンやビーカーなどに水挿しにするとインテリアにもなります。
耐陰性もあるため、出窓のある洗面所などに置くこともできます。

アイビーは日光が足りないと葉が落ちてしまうので、出来るだけ日当たりの
いい場所に置くようにします。

その他いろいろな種類、サイズの植物も沢山置いています。
是非、可愛い植物を見つけにお越し下さい!

Green Market-植物と暮らそう-
日程:2/23 ~ 3/17
場所:LIFE CONCEPT IEG
徳島市西新町5丁目39番地
Open  11:00~19:00    定休日 水曜日(祝日の場合営業)
Tel  088-626-5711